看護師資格を活かして施設で働くことができる人、できない人

施設で活躍できる看護師さんってどんな人?

看護師資格を活かして施設で働くことができる人、できない人

この数年で、看護師の活躍の場は非常に広がり、病院や医療施設以外で働く看護師の方も増加傾向にあります。中でも、老人ホームやデイケアなどの施設系は、今後看護師の職場として増えてくる分野として注目されています。そこで今回は、施設系で働くのに適した人、適さない人について考えていきたいと思います。

まず、施設系に向いているのは「高齢者と接する仕事に携わりたい」「看護師の同僚が少ない職場で働きたい」「日勤で働きたい」「ブランクがあっても復職・再就職したい」といった希望や考えを持つ方です。

施設系の職場では、高齢者と長期間接するケースが多く、高齢者の生活の場の中で触れ合いを通して信頼関係を築き、医療・介護サービスを提供していくこととなります。そのため、高齢者とゆっくりと関わる仕事をしたいという方に適しています。

また、施設系の職場には看護師が1人~2人程度の配属となるため、看護師同士の人間関係に疲れたという人にも人気があります。さらに、医療行為が少なく、最新の医療行為を身に着けていく必要に迫られることもないため、数年のブランクがあっても問題なく業務につくことができるというメリットもあります。

加えて、施設系では夜勤が少なく、夜間帯の対応はオンコールがほとんどのため、日勤のみで働きたいという方にもピッタリです。 これに対して、施設系の勤務が向かない人は「介護職の人との人間関係が苦手」「オンコールに対応できない」「業務内容の変化が納得いかない」といったタイプの方です。

施設系の職場は病院などと異なり、介護職と看護師の関係が対等となります。そのため、「介護職の人から指示されたり、頼みごとをされるのが我慢できない」という看護師の方も少なからず存在すると言います。また、配属される看護師の数が少ないため、オンコールが多いというケースも多いため、完全な日勤を求める方にも適さないと言えるでしょう。

さらに、施設系の職場は企業が運営する場合がほとんどのため、利益追求の方針から、業務内容が頻繁に変化する可能性もあります。こういった動きについていけず、離職する方も多いと言われますので注意が必要です。